牡蠣サプリ 飲み方

牡蠣サプリの効果的な飲み方と副作用について

牡蠣サプリ 画像

牡蠣サプリの効果的な飲み方というものはあるのでしょうか。
せっかく飲むのでしたら、効果的に飲みたいものです。

 

こちらでは、一般的な牡蠣サプリの効果的な飲み方について
詳しくご紹介しています。

 

牡蠣サプリを今現在飲んでいる方、これから購入を検討している方は
参考にしてみてください。

 

 

寝る前に飲むと効果的

 牡蠣サプリ 画像

 

サプリメントは飲むタイミングというのは自由なのですが、
牡蠣サプリに関しては寝る前に飲むと効果的と言われています。
人間の身体は眠っている間に代謝され、成長します。

 

ですから寝る前に牡蠣サプリを摂取することによって、
成分が吸収しやすくなり、細胞の隅々まで牡蠣の栄養素が届きます。

 

 

吸収力を高めるには

 牡蠣サプリ 画像

 

牡蠣のサプリメントの吸収力を高めるには、まずは水で飲むことです。
水で飲むのはサプリメントの基本ですが、ケイ素水という水で飲むと、
身体の調子がとても良くなるという報告もあります。

 

よく調べてみるとケイ素には吸収力を高める作用があるということです。
あらゆる成分をナノ化してくれ、細胞に牡蠣サプリの有効成分が
スムーズに入り込み、身体に浸透しやすくしてくれるのです。

 

 牡蠣サプリ 画像

 

また牡蠣サプリに含まれるその他の美容成分や有効成分
一緒に浸透していくので、効果を感じやすいとも言えます。

 

ケイ素水はコーヒーやお茶に入れたりお米を炊く際に活用も出来ます。

 

サプリメントのような特定の作用はケイ素水にはありませんが、
サプリメントの吸収をよくするためにはケイ素水がオススメです。
他のサプリメントでも同じことが言えますので、試してみましょう。

 

 

牡蠣サプリに副作用はあるの?

 牡蠣サプリ 画像

 

様々な有効成分を摂取出来るのが牡蠣サプリの良いところです。
しかしデメリットも意外なところに含まれています。
牡蠣サプリ自体には副作用は無くても、牡蠣自体に副作用がある
ケースもあるのです。それも覚えておいて、サプリを選びましょう。

 

 

通風の原因にも

 牡蠣サプリ 画像
尿酸値の高い人特定ですが、牡蠣にはプリン体が多く含まれます。
尿酸値が高い人は、プリン体の多量摂取により通風になる
可能性が否定出来ません。

 

ノロウイルスの原因にも

 牡蠣サプリ 画像
牡蠣にはノロウイルスが含まれているものもあります。
抵抗力が落ちている人や免疫の弱い人、子供、高齢者は
生牡蠣を食べるのは控えるようにしましょう。

 

加熱処理をしている牡蠣はOKですから、サプリなども
加熱加工してあるかどうかしっかりチェックしましょう。

 

食中毒対策

 牡蠣サプリ 画像
ノロウイルスに限ったことではありませんが、
牡蠣による食中毒対策は85℃以上で1分間の加熱処理
感染症などを防ぐことが出来ると言われています。
加熱処理しているサプリメントだとまず安心出来ますね。

 

生牡蠣を食べる時の注意として85℃を1分以上、ということは
覚えておいたほうが安心出来ますね。

 

 

まとめ

 牡蠣サプリ 画像

 

以上のように牡蠣サプリの効果的な飲み方や牡蠣についての副作用を
まとめてきましたが、牡蠣サプリに興味を持った人はいませんか?

 

生ものが苦手、という人もサプリメントなら味もニオイもしないものが
多くなっていますから、手軽に海のミルク、牡蠣を摂取出来ます。

 

飲むタイミングとしては寝る前が最も有効だということで、
帰宅して寝る前に飲むと良いでしょう。

 

また、二日酔いや悪酔い予防に効果的な飲み方として
お酒を飲む直前に飲むという方法もあります。

 

 牡蠣サプリ 画像

 

どちらにしても効果的な飲み方ではありますから、自分のペースで飲みやすい
タイミングをはかって飲むようにしましょう。

 

牡蠣サプリメントは主にソフトカプセルタイプが多いようです。
女性や高齢者でも飲みやすい形状ですから、大変手軽なのも魅力です。

 

コーティングされており、味やにおいがしないのが殆どなので、
牡蠣が苦手だという人は牡蠣サプリで成分だけ摂取すると良いでしょう。

 

 牡蠣サプリ 画像

 

牡蠣だけを毎日食べ続けることは出来ませんが、サプリメントなら
毎日手軽に続けることが出来ます。継続してはじめて
肝臓機能への効果が実感出来ますので、続けるためには
リーズナブルで効果のはっきりしたアイテムを見つけましょう。

 

 

⇒トップページへ戻る


牡蠣の成分と効果 牡蠣の副作用や危険性 牡蠣サプリの魅力 牡蠣サプリの選び方